2008年4月12日土曜日

メタボリックシンドローム

40歳以上のみなさん、とうとう特定診断・保険指導がスタートいたします。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準は、日本肥満学会・日本動脈硬化学会・日本糖尿病学会・日本高血圧学会・日本循環器学会・日本腎臓病学会・日本血栓止学会・日本内科学会の8学会がまとめ2005年4月に公表しました。

診断基準

①内臓脂肪蓄積
 ウエスト周囲径
  男性 85cm以上
  女性 90cm以上

②血清脂質異常 
 トリグリセリド値150mg/dL以上、叉は
 HDLコレステロール値40mg/dL未満

③血圧高値
 最高血圧130mmHg以上、叉は
 最低血圧 85mmHg以上

④高血糖
 空腹時血糖値110mg/dL以上

※①+②~④の項目から2つ以上該当している方

費用については、会社負担とのことです。二次検査については労災保険が給付されるそうです。
あまり会社に負担させない様、みんなでがんばりましょう!
私もばんばります!   
管理部 H・A

 
 

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

このプログラム絶体おかしい!個人個人には体質の違いがあるはず。それを数字の枠ではめてしまおうとしている。いかにもお国の考えそうなこと。ある医学関係者が言っていたけど、ウエストは男女逆らしい。これで医療費が減るかどうかはなはだ疑問。

カンバック日本人 さんのコメント...

基本的に健康を増進させて尚且つお国の医療費減少を図るなら絶対食から変えていくべきだと考えます。地元で作ったり取れたりしたお米・野菜・果物・魚等きちっと食べてれば肥満は絶対起こりません。
これは医学的に実証されていることです。戦前の日本には肥満はいなかったともあります。それは豊かな穀物、豊かな海産物のお陰だそうです。そんな日本に早く戻しましょう!