2008年4月15日火曜日

今年の環境

先週後半、お取引先のバイヤーさんと北海道内の西瓜やサクランボの産地を訪問いたしました。どちらの産地のお話を聞いても、今までに経験がないほど、雪解けも早く、地温の上昇も早いとのことです。近年、夏場の気温が上昇し温暖化になっていると言われていますが、まさにそのような感じがしています。現状では2週間くらい進んでいるとのことです。ギフトやカタログで農産物を販売する場合注文時期、出荷時期が重要になってきますが、悩んでもしょうがないので、例年通りいきましょう。(--〆)   BY MT taikyu

3 件のコメント:

J さんのコメント...

アスパラの出荷はどうなっていますか?

みんなで止めよう温暖化 さんのコメント...

やはり何処の産地も雪解けは早いのですね
温暖化現象なのでしょうか?
北海道に住んでいる我々にとっては冬が短い雪が少ない春が早いと住には最高かもしれませんが、北海道の畑って雪が積もり寒さがあってこそ良い土地が出来、土壌菌から守られてるのですよね。
自然の力に逆らう現象がこれからの農作物にどのような変化が生じるのか不安です。
今年の農作物環境は厳しいような感じがします。

頑張れ道産子 さんのコメント...

気象の変化は確実に起こっておりますね。
北海道が最終生産基地になることは目に見えております。そのためにも北海道をキーワードに仕事も遊びも踏まえて取り組んで行きたいですね。